読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下戸ですがいつも酔ってます

下戸のブログです

イケメンを呼び出してレッドブルを飲ませて無理やり書評を書かせた話

f:id:takeuch:20131212173541j:plain 

 編集者が「献本したのになんでブログ書いてくれないんですか~」なんて催促するのは本当に下衆いですよね。みっともないです。最低です。

 

時間がなかったのかもしれないし、読んだけれどもあまりピンとこなかったのかもしれないし、タイミングを逃してしまったのかもしれないし。もしくは、ほかのブロガーさんが書いた書評を読んで、「自分も似たようなことを書くつもりだったのに!」と思ったのかもしれません。例えば、イケダハヤトさんのこの書評はすばらしい!

 

きっかけはリポビタンDレッドブル社の知られざる12の事実

http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/28272

 

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

 

 

いずれにせよ、後からぐちぐち言ってはいけません。でも、時と場合によります。どうしてもこの人に書いて欲しい…! ということだってあるんです。

 

というわけで、イケメンブロガーにしてカリスマまとまーのid:narumi氏を呼び出してみました。

 

 

f:id:takeuch:20131212190859j:plain 

おーい、こっちこっち。 
 
 
 
f:id:takeuch:20131212190917j:plain
 
「なんですか? まだ仕事おわってないんですけど」
 
 
f:id:takeuch:20131212190936j:plain
 
誕生日だったよね。はい、レッドブル。これ飲んで書評かいてよ。
「えー、ここスタバですよね。ここじゃ飲めないですよ」
 
 
f:id:takeuch:20131212190949j:plain
 
「そこまでいうなら書きますよ」
うん。書き終わるまで帰らないから。
 
 
f:id:takeuch:20131212191016j:plain
 
「うーん、うーん」カタカタ…。
 
 
f:id:takeuch:20131212191103j:plain
 
「できました!」
ありがとう~ すぐ公開する?
「いや、もうちょっと手直しして後で出します」
 
 
f:id:takeuch:20131212191048j:plain
 
んじゃ、これ次の本ね!!
「えーーーーーー」
 
 
こちらもヨロシク!!!
 

 

クリィミーマミはなぜステッキで変身するのか? 愛されるコンテンツを生むスタジオの秘密

クリィミーマミはなぜステッキで変身するのか? 愛されるコンテンツを生むスタジオの秘密