読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下戸ですがいつも酔ってます

下戸のブログです

出版社の営業担当が知っている編集者の慰め方

出版社の営業担当が知っている編集者の慰め方。

 

「ロングで売れるよう頑張りましょう」

(発売当初、思ったより売れなかった)

 

「この本を必要としてる読者がどこかにいるはずです」

(書店の立地別配本パターンをミスった)

 

「○○店の××さんが面白いっていってましたよ」

(そんなことより注文がほしい)

 

「こだわりのデザインですね」

(こんなところに金をかけて)

 

「△△出版社だって売れてるのは3タイトルくらいらしいですよ」

(3つもあるじゃないか)

 

「ドーンといきましょう」

(実際にはトゥンくらい)

 

「ガーンといきましょう」

(実際にはカッンくらい)

 

「○○さんのつくる本のファンです」

(ありがとう)

もしワタヤノボルが編集者だったら

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

きっと合コンばかりしているにちがいない。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

きっと東大出身だ。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

黒髪ロングじゃなきゃ嫌だとかいいそう。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

好みがうるさすぎて彼女がいない。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

本気で仕事してんのか疑問だ。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

義理の弟に横柄な態度で原稿を頼みそう。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

きっと自分が大好きだ。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

ガガーリンについて書かれた本を読んだことあるだろう。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

彼のいう「マニアック」はいうほどマニアックではない。

 

もしワタヤノボルが編集者だったら、

 

彼が編集したものを読んでみたい。